どんな事故車でも買取り可能!見積り取得も無料でできます^^

車 買取 ランキング

車の買取はどこに出すのが一番おトクなの?


これを知らないと、実は大きな額を損してしまうという可能性が高いです。。(私はこれまでに3度大損をしてしまってました)

『どこで売るか』、『どう売るか』は、車を高く売るためにはとても大切なポイントです。

どこよりも高く車を売りたい、面倒な手間はかけたくない、なるべく早く売りたい…

こう思いつつも、車の売買について詳しい知識もないし、経験もないので難しいかと思って諦めていました。とりあえず大手へ売ればそれなりの額で買取りをして貰えるかと思っていましたが、車を高く売るコツを知ると、そんなことはないという事実がわかりました。

その車を高く売るコツとは、ネットでの車の買取査定サービスを利用することです。売りたい車の情報を入力するだけで、数多くの業者の概算買取額が算出されるので、そこから一番高い買取額を提示している業者を見つけ出すことができます。車は、買取業者の在庫状況、販売ルートの状況によって相場が常に変動するそうです。ですから、大手だから高く買取るという保証もなく、中小企業が驚きの買取額を提示することも珍しくないようです。(在庫状況や販売ルートは各社異なるため)

こうしたサイトはいくつもあり、それぞれが参加している業者が異なるので、いくつかのサイトを利用することで大部分の買取業者の見積もりを手に入れることも可能です。それから実際に車を見せて正確な買取額の提示を受けるわけですが、概算の段階で業者を絞りこめるので、たくさんの業者からの査定を受ける手間も省けます。

こういった嬉しいサービス中で人気の高いものを選び出して紹介しようと思います  ̄∇+ ̄)

1位 カービュー

 

公式ページはこちら

■提携企業数:212社 w(゚ロ゚;w
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、T-UP、ラビット

提携企業先に、多くの人がその名前を知っている有名どころがずらりと並ぶカービューは是非とも利用しておきたいサービスです。事故で動かない車でも買取の対象になるくらいですから、どんな状態でもまずは見積りを取得してみるのが良いと思います。

見積り取得は最大で8社までなので、カービューを基本としあがらも他のサービスと併用するのが安心です。できるだけ多くの企業から見積りを取るのが最も高く車を売るコツなので、人気のカービューだけで終わらせない方が良いと思いますが、面倒な人は少なくともこのサービスを利用するのが良いと思います。

公式ページはこちら

2位 カーセンサー

 

公式ページはこちら

■提携企業数:不明(ただし雑誌「カーセンサー」の運営会社によるサービスのためかなり多くの企業が提携。)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、ビッグモーター

超有名中古車情報誌「カーセンサー」を発行するリクルート社が提供している一括見積り取得サービスなので、提携企業数はかなり多いと想定されます。

大手有名どころの企業は前述のカービューよりも少ないですが、中古車情報誌「カーセンサー」を発行しているネットワークによる情報網がここの強みです。こちらも必ず使っておきたいサービスの一つです。

公式ページはこちら

3位 ズバット

 

公式ページはこちら

■提携企業数:189社(2015年12月現在)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、ラビット

ズバットもカービュー並みに大手の有名企業が提携先に名を連ねています。提携企業数189社以上と多く、利用しておきたいサービスの一つでしょう。(ここ3ヶ月で35社も提携企業数が増加している急成長のサービスです。)

キャンペーンも充実(現金が当たるなど)しているので、他のサービスで同額の買取額であればズバット経由で売った方がお得ということも考えられます。

公式ページはこちら

4位 かんたん車査定ガイド

 

公式ページはこちら

■提携企業数:49社(提携査定会社の一覧より)
■大手有名企業例:アップル、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

企業提携数は上記サービスよりも少なめですが、わずか45秒で査定が完了する項目なのでこちらも査定申し込みをしておくと更に良いと思います。

できるだけ多くの会社からの査定を貰うのが最も車を高く売るコツですからね。

公式ページはこちら

5位 楽天

 

公式ページはこちら

■提携企業数:不明
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

どれだけの規模の提携先を抱えているかは不明ですが、1分程度の入力項目なので使っておいて損はありません。

たった5ポイントですが、査定をするだけで楽天ポイントが貰えますしね(笑) そのまま買取りまで進むと3000ポイントが貰えます。

他のサービスと同額であればポイント分はお得になりますね。

公式ページはこちら

車 買取 相場

車の買取り金額の相場はある程度しか参考にすることはできないと思います。相場が20万円だとしても、自分の車の買取額が5万円だということもあれば30万円だということもあるでしょう。それぞれ車の状態も違いますし、買取業者の在庫状況など、色んな条件が合わさって買取額が決まるからです。

相場を探すよりも、実際に見積もりを取ってみる方が簡単ですし、何よりも正確な数値が手に入ります。

これから車を売る人だけでなく、これから売ろうか迷っている人にも便利なサービスが展開されていますので、美味しいところだけを利用するという感じで使ってみると良いと思います。

【私の車の買取失敗談】

私は若い頃から安い中古車にばかり乗っていました。経済的な余裕がなかったのが主な理由です。ですから3~5年おきぐらいに買い替えなくてはいけないのですが、その度に販売店に下取り額0円でそれまでの車を渡していました。「本当は処分費用を貰いたいところだけど下取り額と相殺にしておきますね」と「サービスしてあげます感」で対応されたこともありました。無知だった私は「ありがとうございます。すみません」的な対応をしたわけですが、今になって思うと、間違いなく下取り額はあったわけだし、お礼を言われることはあっても言う必要など皆無だったということを知ることとなりました。

今乗っている車は、某ディーラーでレンタアップ車を買ったわけですが、初めての100万超えの車で値引き&オプションの交渉をして、ある程度要求を飲んでくれて最終判断という時に、「ところで、下取りは絶対に出してくれるんですよね」と確認されました。明らかに下取りに出して欲しい感を出してきたことに疑問を感じました(だって下取り0円と査定された車ですからね…)が、厳しい(と私が勝手に思った)要求を飲んでくれた手前、その下取り欲しい感に対してさらに尋ねることはしませんでした。今から思うに、要求以上に下取りによる利益はあったはずで、私が自分で一括査定サービスで買取業者に売却した方が確実に利はあったはずです。その車よりはるかに状態が悪い(エンジンがたまに止まる車w)ワゴンRですら12万円で売れたという友達の話を聞いて、私のオプションなんてたかだか数万円程度ですから、確実に損な取引をしたと今も悔やまれる思い出として残っています。

車の買取というのは数年に1度程度の発生頻度ですから素人ような人がたくさんいる市場であることがこうした不利益な取引が起こる原因であると思います。私と同じように一方的な大きな損をする人が少なくなるように、情報発信するためにサイトを作成した次第です。車の買取情報を探している方の参考になればとてもうれしいです。

車 査定 無料 ネット

ネットで無料でできる車の査定方法についての詳しい方法について書かれているサイトです。

 

■サイト運営者
ケンタ(38歳 会社員)

車好きが高じて、いかに今の車を高く売ってより良い車に乗り換えられるかを調べています。

当サイトへのご連絡はメールのみ受け付けております。

© 2017 車 買取 rss