車 リース 買取 比較|買い取りの依頼ができるといった

乗り続けてきたマイカーを、次の車検のまえに手放すことになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、新しいクルマに乗りたいそんな思いがしてきたからです。

これまでに比べて、最近は車の燃費も良くなっていて燃料代の節約にもなります。手放す車は高く買い取ってほしい、そう思っていたので、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると比較サイトを使った後で、クルマを売却している方の多くが、そこで出された査定額に満足されているようなんです。

今までは、買い取り業者に伺って、買い取り査定をしてもらうという感じでした。しかしそれでは、算出された査定金額というものが適正と言えるのかどうか、車業界にいない私には判断できません。でも比較サイトを活用すれば、近くの業者の中から最も高額の査定業者に買い取りの依頼ができるといった良さがあるのです。

そこで私も、車種や年式等必要な情報を入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような高額査定となっていたので、ビックリするしかありません。直ぐに連絡を入れ粘り強く交渉したところ、ネット査定額と殆ど変わらない金額で売ることができました。比較サイトを使ってなければ、そう考えるだけで背筋がスッとするような感覚です。

私の場合ですが、思ってもみなかったような高値で買い取って頂けたので大満足です。いきなり車の売却というと、抵抗感がある方もいると思いますから、まずは車買い取り相場を調べてみるような気持ちでやってみると良いでしょう。

車 リース 買取 比較|失ったことになります

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、6カ月で50万円も失ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取っていただきました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。ですので、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.