車 査定 勉強|しかし実際は査定を複数もらって理解できましたが

先日私は初めてネットの車買い取りサイトを使って、10社と比較検討してみました。いつもは馴染みの業者に売っているので、相場より高く買い取ってくれていると思い込んでいました。

しかし実際は査定を複数もらって理解できましたが、いつもお願いしているところはそれほど高くなかったようなんです。うちより高額で引き取ってくれるお店はないと話されていたのですが。これまでは相場で売れたらバッチリと思っていましたが、そうでもなかったことを知りました。

今回売ることになったクルマの相場は約50万だったのですが、一括の見積もりを取ったところ一番高額な査定額はなんと70万円を出してくれたのです。世間相場の額なら合格と思っていましたが、よくよく考えれば相場とは可もなく不可もなくということです。

一括査定をして最高額となった業者は70万で、2位の業者は68万という額でした。3位は57万程度で、上位2社とは差があったので、第一位と二位の業者に無料の出張査定をお願いしたのです。一番の業者にそのまま頼まなかったのは、2社以上と比較しないとなめられてしまうかもと思ったからです。ネットの情報でも、複数の業者を呼んで比べると差がわかると書いてありました。そしていざ出張査定を依頼すると、約70万相当としていた業者が62万程度の査定額になりました。傷や凹みがあるらしいのですが、8万円も違うのかとビックリしました。そして68万円を提示してくれた業者は、68万でいいよと言ってくれました。当初は保険のつもりだった業者が一番高値となったので、その買い取り業者に売りました。

車 査定 勉強|イメージする楽しさがありますね

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私が思うに、日本の中古車は世界一と言い切れます。

今回売った車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.