車 査定 山梨|本社の許可がいるので

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。ですが私には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してから送信していました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車 査定 山梨|私の場合想像できなかった高値で

長年連れ添ってきた車を、車検のまえに売却することになりました。若干飽きていたのに加え、別のクルマで走ってみたいといった思いがしてきたからです。

今までに比べて、最近は低燃費の車が多いので燃料代の節約にもなります。手放す車は高く買い取ってほしい、そんな思いでいましたから、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、売却した額に満足されていることが判りました。

いままでは、買い取り業者に伺って、査定を受けるケースという形が普通でした。しかしそれでは、提示された査定金額そのものが適正と言えるのかどうか、素人である私達には判断が出来ません。でも一括の査定サイトを使ったら、厳選された買い取り業者の中でも最も高額の査定業者に買い取りの依頼ができるといった良さがあるのです。

それで私もやってみようと、車種や年式等必要な情報を入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、思わず目が飛び出してしまうような査定額がつけられたので、ビックリしてしまいました。気が変わらないうちに連絡を入れ話を伺ってみたところ、簡単査定で表示された額とほとんど同じで売却できました。一括査定サイトを活用しなければ、そう思っただけでも背筋がスッとするような感覚です。

私の場合、想像できなかった高値で売却できたので嬉しかったです。いきなり売却というのも、不安感がある方もいると思いますから、愛車の相場を調べてみるような気持ちで始めてみるといいかなと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.