車 査定 記号|売却するはめになっていた可能性もあっただけに

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で手放すことになりました。家の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取っていただきました。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かります。

そのまま引き取ってもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

車 査定 記号|もう一人も来られていたようで

私の住んでいるところはかなりの山奥で、クルマの買い取り専門でやっているお店はありません。引き取りしてくれるのは、クルマのディーラーか中古車販売しているところです。約5年ほど乗ったクルマを手放すときは、急いでいたこともあり地元で査定見積もりしてもらいました。その査定をしてもらった結果は、大切に乗ってきた車でしたが30万円ほどの査定金額にビックリしました。

ということもあり、ネットを使って査定サイトで算定してもらったところ、想定以上の値段で売却することができました。一括査定で査定をお願いすることになった2社は、どこもテレビなどで見たことのある中古車買い取りの業者さんでした。空き時間もそれほどないので、時間差をつけて実車査定をしてもらったのです。

後半に来たスタッフの方が丁寧な応対ができる方で、この色のクルマを欲しい人がいるので査定額も勉強しますと言ってくれたのです。買い取り額は40万オーバーで10万も増えましたので、そこで売ろうとすぐに決めました。そのスタッフさんは買って帰る気があったのか、もう一人も来られていたようでそのまま持って行ってもらいました。遠くから来てもらってもとイメージしていましたが、地元で手続きするより断然楽でした。なんといっても、面倒だった手続き関係は準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットの一括査定をやって本当に良かったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.