車 買取 リサイクル券|買い取りサイトを参照すると

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になりそうでした。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りはやらないことにして、自動車買い取り店に売ることになりました。クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額にものすごい差がありました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトを参照すると2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額が判ります。サイトでの評価額は判りますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、ネット査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を出してきました。ネットでは68万円という金額だったのですが、5万以上高い業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

車 買取 リサイクル券|日本人特有の物を大切に取り扱う習慣も

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で売ることができました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容では予想に反して、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。それは海外に向けての話のようでした。今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと考えると夢が膨らみます。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、そのクルマを失う悲しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を購入したいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.