車 買取 仙台|買い取りの見積もりをお願いしました

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費節減をするというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。この車は新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。でも素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車 買取 仙台|売れやすいとありました

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で売ることができました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そこの情報では予想に反して、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。但しその理由は特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。私は日本人ですが、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

平和な日本では、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/10/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.