車 買取 契約書|査定額に変化が出る事も有ります

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分がなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまうのです。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットの白さが見積もり査定額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんには新しく車を買ったのかと聞かれたほどです。

もう一回査定を受けた所、前回よりも金額がアップしました。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も前の色に戻すこともできたし、それまでよりもつややかにする事が出来ました。

クルマを売る前には、車を掃除するなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額に変化が出る事も有ります。査定価格の上昇と輝きを出すための手間とアイテムの費用とを計算してみて、得な気がしたらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

車 買取 契約書|それでも44万減った事実に

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放すことになりました。家の近くのクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。私は半年前にその車を70万出して買いました。単純計算では、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.