車 買取 手続き|その結果から実際に来てもらう業者をどうするのか

これまで乗っていたクルマを買い替える事になりました。私はクルマの買い替え時は下取りをしてもらうしかないと思う以外発想がありませんでしたが、実際にはそれ以外の方法もあるのだという事をその時知りました。それが無料の査定比較サイトでした。

まだやったことの無いことだったので、抵抗感もありました。インターネットで一つ一つ調べながら、手続き方法を見つけました。まずは口コミの良さそうな無料の一括査定サイトを決めることにし、査定サイトを調べ、査定申し込みをしました。その結果から、実際に来てもらう業者をどうするのか選んだのです。

これまで何度か親が自動車を買い替えているのは見ていたので、どれくらいの交渉の後で引き取ってもらっているのかは判っていたと思います。私が使用していた車の年式・走行距離・ボディの状況を考えても、希望額ほど高く買い取ってもらえる訳がないとイメージしていましたが、実際には違いました。予想以上の査定額となっていたからです。

もしも下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーでも聞いてみました。その査定額は、クルマ買い取り業者の一部と変わらない額でした。しかしそれ以上の査定額で買い取ってくれそうな業者もありましたので、その業者にお願いしたのです。初めての経験でしたが、順を追ってやっテイクだけで、簡単に手続きなどを進められました。高額で買い取ってもらうことができたため、次の愛車を購入する時の出費も抑えることができたので私としてはやってよかったと思っています。

車 買取 手続き|6万円損した感じで

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車屋さんで見つかりました。ところが、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。職場の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万とのことです。私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年で50万円も消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。しかし44万円のマイナスには違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで手放すことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような段取りはされていませんでした。ですので、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。本当に売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 車 買取 一括査定 高価 All rights reserved.